SSブログ

TaskJuggler 3 超入門 - 目次とTaskJugglerのインストール [TaskJuggler]

連載の目次

1.TaskJugglerのインストール
2.タスクの計画とトラッキングって?
3.タスクの計画
4.タスク実施時のトラッキング


1.TaskJugglerのインストール
1.1 Rubyの準備
TaskJuggler 3からはRuby上で動作しているため、Ruby環境が必要です。それぞれの環境で準備をしてください。
  • Linuxの場合
    Linuxだとディストリビューションそれぞれで初期導入されているパッケージが異なったり、追加パッケージをインストールする場合の管理コマンドなどが違うため、ご自身でお使いのディストリビューションに合った方法でインストールをしてください。(OpenSUSEのならyastでというように)
  • MacOS X(v10.8)の場合
    MacOS Xの場合、RubyはBox(Mac mini (Late 2012)です)を開けたときに既に入っていました。特に何もしなくてよいのは便利ですね。
  • Windows(7 or XP)の場合
    Windowsの場合、どちらもRubyは入っていませんので、別途ダウンロードしてインストールしなければなりません。私はRubyInstallerからダウンロードしました。下の確認方法が正しくできれば、どのパッケージにでもよいと思います。
いずれの環境でもインストール後にコマンドラインから
> ruby --version
ruby 1.8.7 (2012-02-08 patchlevel 358) [universal-darwin12.0]
と表示できればOKです。

1.2 TaskJuggler 3のインストール

rubyの準備ができたらいよいよTaskJugglerをインストールします。

TaskJugglerはRubyGems.orgで安定版を配布しています。最新版をインストールするにはコマンドプロンプトで以下のコマンドを実行してください。

gem install taskjuggler
Successfully installed taskjuggler-3.4.0
1 gem installed
Installing ri documentation for taskjuggler-3.4.0...
Installing RDoc documentation for taskjuggler-3.4.0...

但し、インストール先にファイル書き込み権限が無いといけません。権限が無い場合は

gem install taskjuggler
ERROR:  While executing gem ... (Gem::FilePermissionError)
   You don't have write permissions into the /Library/Ruby/Gems/1.8 directory.

とエラーになります。その場合は適切な権限をもったユーザーのコマンドプロンプトから実行してください。Windowsの場合は管理者権限で実行したプロンプトを起動して実行する、LinuxやMacOSXの場合はsudoを使うなどになると思います。

TaskJugglerが正しくインストールされたかどうかは、以下のコマンドで確認してください。これは管理者だけでなく、通常使うユーザで起動できるようにしたほうがよいでしょう。

> tj3 --version
TaskJuggler v3.4.0 - A Project Management Software


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

TaskJuggler 3の特徴|- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます